Welcome

March 8, 2018

 

 

新しくなった私のホームページへようこそ。私の「光の道」の旅について、そしてこのホームページの製作についてこちらをお読みください。

 

2008年にヒーラーになった時に光のメッセージを受け取りました。その内容は、私が光と人類を繋ぐ架け橋(無限-インフィニティのシンボル)になるというものでした。瞑想中に魂に繋がると、同類の魂たちが交流するところに光が広がってゆく様子が見えました。 時機は熟していました。人類は自らの魂とスピリットに目覚めてゆくのです。特に私の一番最初の役割は、これを東洋にもたらすことでした。

 

2010年、夫のコウと共に20年以上ぶりに香港に帰国し、健康とヒーリングのための 7th Ray(セブンスレイ)センターを設立しました。センターの名前とロゴも、上からのメッセージで受け取ったものです。センター設立にあたっては数え切れないほどのシンクロニシティが起こりました。ですが、初めのうちはスピリチュアル・ヒーリングについて話しても伝わらなかったり疑われたりで、とても大変でした。人によっては、ヒーリングというと宗教的教義や神話に結びつくものだったようです。それにも関わらず、神の愛に支えられて、私は10000人以上の人にヒーリングを行うことができました。そして7年間の間に1000人以上の生徒にヒーリングとスピリチュアリティを教えてきました。

 

2013年、京都の博物館を訪ねたときに光の神・ホルスの小さな像に出会いました。これがきっかけとなり香港に帰国後、また京都にいるビジョンが見え始めました。生徒達と共に、何度も京都に行くことになるというものでした。そしてさらに数々のシンクロニシティが起き、翌年には京都に初めてのセンターを設立するに至りました。それまでの二年間で、熱い思いをもった香港の生徒たちおよそ100名のために京都リトリートを開催していましたが、大半の生徒にとってそれが人生を変容させる旅となっていました。

 

2015年にはドクター・エドワード・シェンがバンクーバーにセンターを設立しました。バンクーバーは彼が二十年来住んでいる土地です。シェン博士と仲間の教師陣はワークショップやヒーリングセッションを開催し、地元の中国人コミュニティをサポートしています。

 

2016年より、私は奥義的情報を受け取り始めました。これが私だけのワークである 『真の自分と人生を共同創造する7A』の基盤となっています。これと同時期に京都でのセンターの活動を拡大させてゆくために使えそうな建物がさらに二軒、見つかりました。

 

2017年、これらの建物を改修していた最中に私は生命に関わる病気と診断され、早急に手術を受けました。手術後寝ていたところ、光からの声が私を「Margie(マーギー)」と呼ぶ声に目が覚めました。(それまで、子供の頃から私の名前はマリリンでした。) 後にわかったことですが、マーギーと云う名前は「光の子供」を意味し、この名前の振動は数字の8、無限(インフィニティ)とのこと! これは光からのメッセージでした。私には新たな生命が与えられたのです。

 

興味深いことにセンターのホームページはもう何年も前から全面的にバージョンアップする必要に迫られていました。ですがデザイン的方向性や技術面でのサポートが見つからず、後回しにしていたのです。手術が終わって数日後にホームページはハッキングされ、すべての情報が消え去ってしまいました。この出来事が示していたメッセージは、まったく新しいホームページを作るときがきた、ということ。単純明快です。そして二ヶ月後には数名の生徒達がスタッフとして加わり、ホームページ製作や著述、ソーシャル・メディアに至るまでのサポートを申し出てくれました。

 

光に敬意を表して書いた私の一冊目の著作「京都からのソウル・ジャーナル(A Soul Journal from Kyoto)は2018年春に出版予定です。

 

 

Please reload

Copyright © 2019. All rights reserved.
Terms of Service  |  Privacy Policy  |  Site Credits

Whatsapp: +852 91372435