マ―ギ―はスピリチュアル・ティーチャーであり、著述家でもあり、直感の才能を持ったヒーラーです。人々に力を与えることでそれぞれの人が「本当の自分」と繋がり、それによって良い変化を起こしてゆくので生徒からは親しみをもって「スピリチュアルな外科医」と呼ばれています。

 

元々、名前はマリリンという名前でした。2017年に生命に関わる病を患ったのですが、手術を受けた直後に夢の中で神の声を聞きました。その声は彼女をマ―ギ―と呼びかけ、その後に目覚めました。そして後でわかったことですが、この名前には光の子供という意味があります。2018年春に出版するマ―ギ―の一冊目の著作『京都のソウル・ジャーナル』はこの神性を称えるために書かれたものです。

 

マ―ギ―は経営管理学と法学で学位を取得。アメリカで骨董品を扱う会社を設立すると同時にファッション・ブランドも立ち上げて成功。

2007年に人類に貢献する段階に入ったとの呼びかけを受け取る。30年以上にわたって瞑想を実践、アメリカ在住時に著名なヒーラー達よりヒーリングを学ぶ。Magnified Healing®第三段階「光のヒーリング」プラクティショナーワークショップのマスター・ティーチャー。

 

2010年にニューヨークから帰国、香港にて健康と癒しのためのセンター、7th Ray(セブンス・レイ)を設立。魂を読むソウル・リーディングを通してヒーリングを行う傍ら、スピリチュアリティ(霊性)とヒーリングのワークショップを開催している。定期的に公共機構で講義を行い、テレビのインタビューや雑誌にも多数登場している。

個人セッション

マ―ギ―の個人セッション

スピリチュアル・カウンセリング

ヒーリング・サービス

 

セッションは京都または香港で、対面で行っています。もしくはスカイプでも可能です。

お申込みは 7thraykyoto@gmail.com までメールをお送りください。

 

「私達には自分を癒す力が備わっています。私の役目は、その方が真のご自身、魂とスピリット(霊)に繋がれるよう力を添え、サポートすることです。セッションを複数回受けることはお勧めしていません。依存が生じるためです。セッション後にまたヒーリングを要される方にはご自身で力をつけていただくために私のワークショップに参加していただくことをお勧めしています。」 マ―ギ―

 

このセッション・サービスは皆さんの内なるガイダンスの代わりとなるものではありません。また、プロの医療従事者へのご相談に代わるものではありません。私達は逆症療法・代替療法も同時に受けていただくことで改善すると考えています。

Testimonials

Copyright © 2019. All rights reserved.
Terms of Service  |  Privacy Policy  |  Site Credits

Whatsapp: +852 91372435